松尾芭蕉は、「不易流行−不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」という理念を残しました。いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であることであると解釈されています。
 北クラブは、会員の皆様に恵まれ、大変良い雰囲気のクラブであります。ただ、この良い雰囲気は自然に出来たものではありません。設立以来、その時々の会員の活動や人間関係の積み重ねがあってこそのものではないでしょうか。
全会員が、クラブの強み、弱みを洗い出し、何を守り、何を取り入れるか話し合って、活気のあるクラブ運営を目指しましょう。その成果を、例会、創立50周年記念の諸事業、委員会活動に反映し、会員の相互理解を図り、組織の継続のためクラブの将来展望を全会員で考えましょう。
 クラブの良さ、将来展望を明確にすることは、現会員に対してだけでなく、地域に対しても我がクラブをアピールする最大のツールとなるはずです。ロータリークラブとしての評価を確立することにより、新入会員への働きかけも積極的に行えると考えます。
 私たちは、ロータリーの旗の下に集ったロータリアンです。ロータリーの目的、基本理想を追求し、私たちのロータリーの奉仕活動を通じて、地域社会に変化をもたらしましょう。

クラブ重点目標
〇創立50周年記念事業の実施、全会員による祝賀行事の実施
例会の充実(例会を楽しく美味しく、例会を元気に、例会で仲良く、
  例会をカッコ良く)
委員会ごとの活動内容の確認、委員会方針の具体化
会員増強・退会防止地区目標への挑戦、課題である女性会員問題への
  対処
交換留学生受入れ可能なクラブ体制作り
会員相互理解の促進
ロータリークラブ、高崎北ロータリークラブの公共イメージの向上
例会出席率の向上、他クラブへのメイクアップ勧奨
会員相互、会員家族、ロータリー家族の交流の場の提供
友好クラブ担当事業、ゴルフ、一水会担当事業、同好会活動の支援
新潟東クラブ創立60周年を一緒に祝福、友好クラブ締結25周年祝賀の
  共同企画
高崎商業高校の模擬面接事業の実施、奨学生とクラブ会員との交流促進
高崎北ローターアクトクラブへの協力
クラブの中長期計画の策定、クラブの中長期計画を考慮した未来の夢
  計画の策定
外部団体出向者への支援、支援プログラムへの協力
地区事業への協力、地区委員会出向者への支援


クラブ数値目標

1)会員増強 純増6名以上

2)会員1名あたりの寄附目標 R財団150ドル以上、ポリオ30ドル以上、
米山16,000円以上


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
@RID2840地区 高崎北ロータリークラブ AllRightsReserved.