2018−2019RI会長バリー・ラシンのテーマは、「インスピレーションになろう」です。そして、宮内敦夫2018−2019年度国際ロータリー第2840地区ガバナーは、これを、「世界を変える行動人になる創造的刺激(インスピレーション)を与える人になろう」と説明されました。
 そして、宮内ガバナーは、「クラブを元気に、世界に奉仕を、みんなで回そうロータリーの輪」とのメッセージをされました。
 高崎北クラブは、前年度には50周年の様々な記念行事を行いましたが、お祭の後となる本年度は、更なるクラブの繁栄を期して、より魅力のあるクラブにならなければならないと考えております。   
 クラブの運営方針についても、親睦と奉仕よりも上位に会員増強が据えられる昨今ではありますが、魅力あるクラブを指向することは、会員の退会防止や増強に直結するものであり、親睦が図られ、奉仕活動も充実するものと信じます。
 このような信念のもとに、本年度のクラブの重点実施事項を以下列挙します。

クラブ重点目標
1 例会の充実(親睦委員長と一水会会長に奮闘してもらいますが、試験的に、早朝例会と昼呑み例会もしてみたいと考えています)

2 地区目標の達成(会員純増4名、寄付目標 財団150ドル・ポリオ30ドル・米山16000円、ロータリー賞)

3 クラブとして継続している様々な奉仕活動の充実(これらの活動について、改めてメディアを通じて社会に知らせましょう。)

4 女性会員0状態の解消(ここ数年の懸案事項です)
 こうした目標のもと、本年度のクラブ活動が充実するよう精進する所存ですのでよろしくご協力をお願いします。


当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
@RID2840地区 高崎北ロータリークラブ AllRightsReserved.